クレジットカードは何枚持てるのか

大人になった人が考えるのがクレジットカードを手に入れることでしょう。一々現金を持ち運ばなくてもカード一枚で買い物ができるため、その利便性から誰もが持つことを検討するでしょう。しかし、様々な会社がサービスを提供し、各社の特徴が異なるためどのカードを持つか悩んでしまうことは多々あります。そのため、結果的に用途に合わせて複数枚のカードを持っている人も多くみられますが、その限度枚数についてよく知らない人も多くいるでしょう。
基本的に、クレジットカードの所有枚数には限界がなく、持とうと思えば10枚でも20枚でも持つことは可能です。しかし、カードを持つにはそれに見合う信用を築いておく必要があり、また、支払いのための年収があることが絶対条件となります。立派な信用情報を持っていても年収が少なければ2枚や3枚の申し込みの段階で審査落ちすることもありますし、年収が多くても信用情報がなくても同じことです。また、既に持っているクレジットカードの利用可能額が大きすぎれば、その分新しいカードの発行は難しくなるため、1枚ごとの利用額を抑えることで多くのカードを持つことが可能になります。しかし、所有枚数に上限がないといってもカードを管理する能力には各自に限界があり、結局は、自分がどのカードでいくら使ったのかということを把握できる枚数が、その人の所有限度額になることになります。また、資金に余裕がない人は年会費のかかるカードを複数枚持つと資金繰りに苦しむことになるため、この点も所有限度枚数に影響します。

クレジットカードを作りました

クレジットカードを作るには、安定した収入が必要で、審査の時に本人確認書類として、自動車の運転免許証のコピーが必要でした。
インターネットのカード会社のホームページからカードの発行を申し込む事になり、1週間位でカードが自宅に届きました。
このカードは、このカード会社が運営しているインターネットショッピングモールで利用できるポイントが貯まるようになっていて、通常は100円の買い物につき、1ポイントが貯まるようになっています。そのインターネットショッピングモールでも、100円につき、1ポイントが貯まるので、合計2ポイントが貯まる事になります。
貯まったポイントは、インターネットショッピングモールにログインすれば分かるようになっています。そして、そのショッピングモールで買い物をして、決済の画面で貯まっているポイントを使えるようになります。
このクレジットカードは、永年年会費が無料になっているので、作っておいて損はないと思います。
また、このカードには自動的に海外傷害保険に加入できるようになっているので、海外旅行時の事故に対しても安心できるカードです。
クレジットカードの表には、16桁のカード番号があり、裏には、3桁のセキュリティー番号があります。インターネットでショッピングをする場合には、両方の番号が必要になる時があります。このカードでは、キャッシングもできるようになっていて、融資極度額の範囲内なら、いつでもお金が借りれるようになっています。